《油を見極める力》

《油を見極める力》with @dr.training_

.

運動やダイエットに励む方々は油を敵視しがちですが、油は細胞の膜を作る大切な材料です。

.

筋肉の質、お肌の潤いをキープするためには良質な油を摂ることはとても大切なことです。

気をつけなければいけないのは身体に良い油と、良くない油を見極めることです。

.

積極的に摂りたい油は「オメガ3脂肪酸」や「オメガ9脂肪酸」。

.

オメガ3は鮭や青魚、くるみ、大豆製品、亜麻仁油などに、オメガ9はオリーブオイルやナッツ類、アボカドなどに豊富に含まれています。

.

逆に控えたいのは、「トランス脂肪酸」などの悪い油の摂取。

こちらは、化学的に精製された油やマーガリンやショートニングなどに含まれています。

トランス脂肪酸は様々な不調のもととなり、最近では子宮内膜症や不妊症など婦人科系のトラブルの原因としても注目されています。

マーガリンやショートニングを避けるだけでなく、市販のパンやクッキー、スナック菓子など、油の形をしていないものも大量に含まれているので要注意です。知らず知らずのうちに摂取していることが多い油です。

.

コーン油、紅花油、ひまわり油などのいわゆるサラダ油に含まれる「オメガ6脂肪酸」は、

必須脂肪酸のひとつですが、過剰に摂ると老化や炎症を促進します。

外食やコンビニの食事に使われている油はほとんどがこのオメガ6脂肪酸なので、既に日本人は摂り過ぎの傾向があります。

理想的なオイルの摂取バランスに近づけるために、オメガ3やオメガ9のオイルを積極的に摂ることを意識しましょう。

.

サラダにノンオイルドレッシング、

ササミや胸肉を茹でて調理…なんていつかの油がカスカスな食事はしていないでしょうか?

具沢山のお味噌汁や焼き魚、おひたし、大豆製品といった伝統的な和食に、毎日大さじ1~2杯のオリーブオイルや亜麻仁油、ナッツ類、ごま、かぼちゃの種などを取り入れオメガ3が豊富な青魚は少なくとも週に4回はいただくようにしましょう。

魚の切り身をオリーブオイルでソテーしたり、温野菜をオリーブオイルでいただいたり。

今の季節は、いわしやアジのつみれ汁がオススメ!

菜の花などの旬の鮮やかな野菜も入れて、野菜のビタミンも一緒に吸収できます

。たっぷりのネギや生姜を入れて、フードプロセッサーで混ぜれば簡単にできますよ♩

.

..

この栄養コラムは、恵比寿と中目黒に店舗を構えるDr.トレーニング栄養士チームのご協力でお届けしています。 .

.

《一瞬ではなく、一生ものの身体づくり》

.

↓check

Dr.トレーニング

公式HP

FaceBook