《食事の時間を楽しむ事がダイエットにもつながる?》

《食事の時間を楽しむ事がダイエットにもつながる?》@dr.training_ 

.

皆さんの食べる速さは、どのくらいですか?

1回の食事の時間は、何分くらいですか?

振り返ってみると、この速さや食事時間を意識していなかったという方も多いのではないでしょうか。

.

やはり、「速食い」は太りやすい傾向があります。

.

最近体重が増えて来てしまったなという方やダイエット中の方は、今よりゆっくり食べることで体重の増加を抑えたり、ダイエットを順調に進める助けになるかもしれません。

速食いが太るメカニズムとして、次の2つが考えられます。

.

①満腹中枢の働く早さに関連する

人が食べ物を食べると徐々に空腹感はやわらいでいき、代わって、満腹感が増してきて食事を終える。ところが、速い速度で食べると満腹中枢が動き出す前に必要以上に食べ過ぎてしまう可能性がある。

.

②速く食べやすいものを選んで食べる傾向がある

よく噛まなくても飲みくだせるものやかさの少ないもの、食物繊維が少ないものを選んで食べる可能性がある。実際に、女子大学生を対象にしたある研究では、食べる速度が速い群ほど食物繊維の摂取量が少ないことがわかっています。また、食物繊維の摂取量が少ないと肥満になりやすい傾向にあります。

これは大人だけでなく、子どもにも当てはまります。

沖縄で行われたある研究では、食べる速さが「かなり遅い」子どもたちに比べて「かなり速い」子どもたちの肥満の割合は、小学生ではおよそ8倍、中学生男子では19倍に達するという結果になりました。

.

ゆっくり食べる秘訣は、「良く噛むこと」と「食事の時間を楽しむ」こと。

朝はバタバタするし、昼食は仕事の合間で時間がないし、夕食は仕事をしながら食べるなど、なかなか食事の時間をゆっくりとることが難しい日常かもしれません。

.

ですが、食事というのは、食べる前に「いただきます」というように様々な食材から命や栄養素をいただくことであり、それだけではなく、食事を通して一緒に食べる人たちとの関係性を良くする・つなげるという働きがあると思います。

.

ただ顔を合わせて話すよりも、そこに美味しい食事がある方が話がはずみますよね。

一口一口大事に食べて、一緒に食べる人との時間を大事にする。これが、ゆっくり食べることにつながります。

1日の中で1食でも、お休みの日だけでも「食事を楽しむ」時間を作って、お腹も心も満たす食事をしてみませんか?

.

【参考文献】

『佐々木敏の栄養データはこう読む!疫学研究から読み解くぶれない食べ方』

 佐々木敏著、2015年発行、女子栄養大学出版部

この栄養コラムは、恵比寿と中目黒に店舗を構えるDr.トレーニング栄養士チームのご協力でお届けしています。 .

.

《一瞬ではなく、一生ものの身体づくり》

.

Dr.トレーニング

 

公式HP

FaceBook