《朝食欠食は、太る?やせる?》

《朝食欠食は、太る?やせる?》with @dr.training_

.

『朝食』は、体内時計を整えるためにとても重要な役割を果たしています。

.

私たちの脳には、視交叉上核(しこうさじょうかく)という神経細胞の固まりがあり、その中に主時計遺伝子があります。また、肝臓など全身の多くの細胞中には、末梢時計遺伝子があります。これらの時計遺伝子は自律的に約25時間周期の概日リズムを作って細胞の多くの活動を変動させています。

.

私たちの1日は24時間なので、主時計遺伝子は朝の太陽の光で時計の針の位置を毎朝修正して、末梢時計遺伝子は朝食など食べる事で時計の針の位置を合わせています。

.

つまり、私たちは毎朝太陽の光を浴びて朝食を食べる事で、体内時計をリセットしているのです。

そして、朝食を摂らなかったら、その分エネルギー摂取量が少なくなるのでやせるだろうと思いがちですが、実は逆に朝食欠食者に肥満が起こりやすいと言われています。その理由は4つ上げられています。

.

①心身活動の減少

朝食を欠食するとエネルギー節約反応が起こり、エネルギー代謝が低下する。

.

②糖新生反応による筋肉たんぱく質の分解と体力低下

糖新生とは、人のエネルギー源である糖質が不足したときに他の栄養素から糖質を作り出す反応のこと。朝食欠食では血糖が低下して脳に血液を送るために筋肉を分解して糖質を作り出す。筋肉減少は体力と安静時のエネルギー消費の低下を招く。こうしてエネルギー消費が減るので、減食を続けていても太りやすくなる。

.

③代償的な昼夜食増加と血糖値の急上昇

朝食欠食による血糖低下で食欲が増して、昼食と夕食を多くとるようになる。そのために急激に血糖が上昇して、これを脂肪に変えるインスリンが過剰に分泌されて肥満につながる。

.

④時計遺伝子の防衛反応

朝食を欠食すると主時計遺伝子が飢餓の危険を感じて、極力心身の活動を避けようとして、非常時に備えて脂肪の合成を促す。時計遺伝子のリズムの乱れは運動能力を低下させ肥満の原因となる。

.

このように朝食欠食は、体に様々な影響を及ぼし、肥満に繋がりやすくなります。

体内時計を整え、脂肪のつきにくい体を保つためにも、『朝食』はおすすめです😊

.

. .

この栄養コラムは、恵比寿と中目黒に店舗を構えるDr.トレーニング栄養士チームのご協力でお届けしています。 .

.

《一瞬ではなく、一生ものの身体づくり》

.

☆夏前ラストキャンペーン☆実施中!

↓check

Dr.トレーニング 

 

公式HP

FaceBook