《朝食欠食と22時以降の食事は、太りやすくなる!?》

《朝食欠食と22時以降の食事は、太りやすくなる!?》with @dr.training_ 

.

私たちは体中に時計遺伝子を持っていて、その時計遺伝子は約25時間周期(加齢と共に少しずつ短くなる)のサーカディアンリズムを作っています。

.

しかし、1日は24時間。

.

放っておくと、どんどん体内時計が乱れていきます。

体内時計が乱れると代謝の悪い体になり、肥満や体調不良につながります。

これを防ぐのが、《朝の光を浴びる事》と《朝食を食べること》!

朝食にウエイトをおいた食生活は、肥満を防ぐという報告もあります。

それから、夕食の時間が遅すぎると体内時計が夜型のリズムになってしまいます。

.

また、体内時計を調節している「BMAL1」というたんぱく質があり、BMAL1は脂肪を溜め込もうとする働きがあり、22時以降に急増して2時ころピークを迎えその後減っていきます。

余分な脂肪を体に蓄えないためには21時頃までには夕食を食べ終えるのが理想です。

.

夕食を食べるのが21時以降になってしまう場合は分食がおすすめです。

17時〜18時頃におにぎりやサンドイッチなどを軽く食べ、帰宅してからは野菜や低脂質な食品を中心とした食事をとりましょう。

実際に、これまで21時以降に食べていた夕食をもっと早い時間に食べるようにしたり、分食するようにしたことで体脂肪が減ったという文献もあります。

.

..

この栄養コラムは、恵比寿と中目黒に店舗を構えるDr.トレーニング栄養士チームのご協力でお届けしています。 .

.

《一瞬ではなく、一生ものの身体づくり》

Dr.トレーニング

公式HP

FaceBook