《パワフルな胃腸を作る!》

《パワフルな胃腸を作る!》with@dr.training_

.

朝起きたときにスッキリ感を感じられず、疲れがとれていないように感じる方はいらっしゃいませんか?

または、お肉や油ものが苦手だったり、消化に時間がかかっているような方は、胃腸が弱っている可能性があります。

.

アスリートでも、体を大きくしたいのに筋肉がつきにくい、体重がすぐ落ちてしまうまど、増量できない選手がこのタイプには多いように見受けられます。

.

精神的なストレスや、気圧・季節の変化や、身体的なストレスから、消化器に負担がかかり胃液も減り栄養の吸収率が約1/4まで下がることがあります。

.

胃もたれするからお肉が嫌いという人は、肉を食べていないことが原因かもしれません。(人にもよりますが・・・。)

全くお肉を食べなくなると、体の中の肉の消化酵素が減り、ますます食べられなくなるという悪循環におちいっている可能性もあります。

.

ベジタリアンになるとたんぱく質の消化酵素であるプロテアーゼの生産量が低下し、不足した結果、血液がアルカリ性に傾いて骨やメンタルに影響が出ることがあります。

.

肉を食べると胃が重くなるからといって、うどんやパスタ、パンなど、胃に負担がかからないだろうと思うものばかりを食べていませんか?

もし当てはまるなら、胃酸が足りていない可能性があります。

.

これを補助するためにオススメなのが、肉や揚げ物を食べる前に、レモン水を飲むことです。

.

肉や揚げ物、魚に直接かけても良いですが、その柑橘をお水にしぼって飲むのがオススメです。

酸をチャージすれば、肉や魚を食べても膨満感を予防できます。食前の梅干し、酢の物、キウイやパインでも◎

.

消化力をアップさせるためには、身体に必要なものだけでなく、楽しく食べる、ということに気を配ることも必要です。

.

消化が活発で栄養吸収がスムーズであれば疲れが残ることは少なくなります。朝昼晩、しっかりとたんぱく質を含んだ食事をとり、こまめにビタミンCを摂ってパワフルな胃腸を作りましょう。

.

..

この栄養コラムは、恵比寿と中目黒に店舗を構えるDr.トレーニング栄養士チームのご協力でお届けしています。 .

.

《一瞬ではなく、一生ものの身体づくり》

↓check

Dr.トレーニング

公式HP

FaceBook