《コラーゲンをつくる=肌をつくる》

《コラーゲンをつくる=肌をつくる》with @dr.training_ .

.

 

コラーゲンは、肌や骨、髪、爪などの材料です。

.

なかでも肌は、水分を除くと70%をコラーゲンがしめ、ツヤやハリをもたらす効果があります。その他にも、関節をスムーズに動かす、骨を丈夫にする、血管のしなやかさを保つなど、様々な働きをしています。

.

では、コラーゲンとは、そもそも何でしょう。

一言でいえば、タンパク質です。

.

私達の体を構成するタンパク質のうち、約1/3は「コラーゲン」で出来ています。

.

タンパク質のお話しはこのコラムでも何度かお伝えしていますが、筋肉をつくるだけではないんです。

人間の身体は約60兆個の細胞から成り立っていますが、これらの細胞は髪の毛、爪、血管、内臓など、どこをとっても細胞同士がつながってできており、これらの材料はタンパク質になります。

タンパク質が必須アミノ酸に分解されたあと、細胞と細胞を繋ぐコラーゲンになり、細胞同士をくっつけ、バネやベッドのスプリングのような働きをしてます。

.

そのため、コラーゲンが不足すると弾力性が低下し、肌のハリや弾力が失われてしまいます。

また年齢とともにコラーゲンの生成が少なるため、シワやたるみ、関節の痛みとなってきます。

.

では如何にしてコラーゲンの生成を保ち、ハリのある綺麗な肌がつくれるのでしょうか?

.

次回は、コラーゲンの生成を保ち、肌のハリや関節の柔軟性を高めるためにコラーゲンを効率良く摂取する方法をお伝えします。

.

. .

この栄養コラムは、恵比寿と中目黒に店舗を構えるDr.トレーニング栄養士チームのご協力でお届けしています。 .

.

《一瞬ではなく、一生ものの身体づくり》

.

↓check

Dr.トレーニング 公式HPhttp://www.drtraining.jp/

https://www.facebook.com/Dr.Training/